MENU

ヤマハの青木淳(純)の死因は何?3つの理由で急性心不全はデマの可能性!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤマハミュージックロシアの社長(CEO)の青木純さんが

モスクワのホテルで遺体で発見され話題になっています。

この記事で、青木さんが心不全で亡くなったとう報道がデマである可能性を調査しました。

では、見ていきましょう。

※X(旧Twitter)で青木淳さんと報じられていますが、正しくは青木純さんです。

目次

青木淳(青木純)のプロフィールWiki

はじめに、青木純さんの基本的な情報を紹介します。

ヤマハミュージックロシア社長(CEO)の青木淳(青木純)の顔画像

出典:X

  • 名前:青木 淳(ネット上で紹介されている漢字)
  • 本名:青木 純(あおき じゅん)正式な漢字
  • 享年:55歳
  • 職業:ヤマハミュージックロシアのCEO(社長)

冒頭でもお伝えしましたが、「青木淳」とメディアが報じていましたが、

正式な漢字は「青木純」です。

ヤマハの組織図に記載された青木純

画像引用:ヤマハミュージクの組織図

 

ヤマハミュージックのCEOであり、モスクワ音楽院の理事会のメンバーである青木純さんは、

楽器事業本部ギター事業部ギターマーケティング&セールスグループ リーダーの経歴がありました。

また、青木純さんの家族についても調査しましたが

最近の青木さんの画像を確認すると結婚指輪をしていないため、奥さんや子供がいない可能性が高そうですね

青木淳(青木純)は結婚していない?

画像引用:X

続いて、青木純さんの死因の報道について触れていきます。

スポンサーリンク

青木淳(青木純)の死因は何?

こちらで、ロシアメディアが報じた青木純さんの死因について紹介します。

心不全とロシアメディアが報じる

青木純さんの死因は心不全であるとロシアメディアは報じています。

日本語訳
ヤマハ音楽会社CEO、モスクワで遺体で発見

青木純さん(55)は数日前に会社との連絡を止めた。

彼はラディソン・ロイヤル・ホテル(旧ウクライナ・ホテル)で死亡しているのが発見された。

ロシアのメディアは死因は心不全だったと主張している。

遺体が発見されたのはモスクワの5つ星ホテル

青木純さんの遺体はロシアのモスクワにある5つ星ホテル『ラディソン・コレクション・ホテル・モスクワ』です。

ラディソン ロイヤル ホテルの外観

出典:about:blank

ラディソン ロイヤル ホテルの内容

出典:about:blank

スポンサーリンク

青木淳(青木純)の死因が心不全がデマと言われる3つ理由とは?

こちらで、青木純さんが心不全で亡くなった事がデマである可能性を3つ紹介します。

①ロシアの心不全が多い国で怪しい?

1つ目がロシアは心不全で亡くなる方が多い?です。

上記のXの投稿を紹介していますが、ロシアで心不全で亡くなった著名な方ですと

石油会社のルクオイル会長であるウラジーミル・ネクラソフ氏が2023年10月24日に急性心不全で亡くなっています。

心不全で亡くなったロシアの著名人

画像引用:https://www.fnn.jp/articles/-/606446

著名な方の心不全で亡くなる事で多いと印象があるようで

ロシアでは心不全が多いくて怪しいと思う方を紹介しました。

スポンサーリンク

②モスクワの日本大使館がコメントを差し控えている

2つ目が『モスクワの日本大使館がコメントを差し控えている』です。

「大使館は日本人の訃報を承知している。それ以外の情報については、遺族に関わる事である為、倫理的な理由からコメントは差し控えたい」

引用元:https://tass.ru/obschestvo/20447207を日本訳で紹介

もし、青木さんの死因が心不全の場合

正直に死因の公開をしてもいいと思いますが、大使館側はコメントを控えています。

この事で、なぜ死因を公開しないのか?と疑問をもつ方も多いのではないでしょうか。

③プーチン大統領の側近と密接な関係を持っていたから?

3つ目が『プーチン大統領の側近と密接な関係を持っていたから?』です。

こちらの情報を調査しましたが、青木純さんがプーチン大統領の側近と関係があるという根拠を探すことができませんでしたが

今後何かしら情報が公開された場合追記します。

スポンサーリンク

まとめ

この記事で、青木純さんが心不全で亡くなったとう報道がデマである可能性を調査しました。

改めてまとめると以下の通りです。

  1. ロシアの心不全が多い国で怪しい?
  2. モスクワの日本大使館がコメントを差し控えている
  3. プーチン大統領の側近と密接な関係を持っていたから?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次