政治 PR

【徳島・高知】広田一の経歴まとめ!元防衛大臣政務官の経験と信念とは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

10月22日に投開票される参議院徳島・高知選挙区補欠選挙に無所属で立候補している広田一さん。

前衆議院議員で元防衛大臣政務官の広田氏は、どんな人物なのでしょうか?

広田氏の経歴や政策、活動内容などを紹介します。

広田一のプロフィール・経歴

初めに、広田一さんの基本的なプロフィールを紹介します・

広田一の基本的なプロフィール

広田一

  • 名前:広田 一(ひろた はじめ)
  • 生年月日:1968年10月10日
  • 年齢:55歳(2023年10月時点)
  • 出身地:高知県土佐清水市
  • 出身大学:早稲田大学社会科学部卒業
  • 所属政党:元立憲民主党⇒現 無所属
  • 政治家としての活動期間:2004年7月26日~
  • 家族構成:妻と子一人
  • 趣味:読書・筋トレ・極真空手
  • 好きな食べ物:カレーライス

広田一の経歴

広田一氏は、早稲田大学社会科学部卒業後、西武鉄道グループのコクドに入社しています。

その後の政治活動の概要をこちらです。

  1. 1995年に高知県議会議員に初当選し、2期6年務める
  2. 2001年と2004年に参議院高知県選挙区から無所属で立候補し、
  3. 2004年に初当選しました。当選後、民主党に入党しました。
  4. 2010年に再選され、防衛大臣政務官や参議院国土交通委員長などを歴任しました。
  5. 2017年に衆議院高知2区から無所属で立候補し、自民党前職を破って当選しました。
  6. 2021年に立憲民主党公認で再選を目指しましたが、自民党新人に敗れて落選。
  7. 2023年7月に参議院徳島・高知選挙区補欠選挙への立候補を表明。
スポンサーリンク

広田一氏の政策は「全ての命を守る」ことを信念としている

広田一

広田一氏は、「全ての命を守る」ことを信念として掲げています。そのためには、

「緊張感のある政治」が必要だと考えています。具体的には、以下のような政策を提案しています。

①コロナ対策

国会で対策法案を協議し、早期成立させることが重要だと主張しています。

また、ワクチン接種やPCR検査の拡充、医療体制の強化なども訴えています。

②経済・雇用

コロナ禍で打撃を受けた中小企業や個人事業主などへの支援や雇用確保を優先するとしています。

また、地方創生や観光振興なども重視しています。

③安全保障

元防衛大臣政務官として、東日本大震災の救援・復旧に従事した経験を持っています。

南海トラフ地震などの自然災害に備えるとともに、北朝鮮や中国などの脅威に対抗するために、

自衛隊の装備や体制の強化を訴えています。

スポンサーリンク

広田一への評価は?

ことらでは広田一さんの評価をまとめています。

広田一

広田一氏への評価は、賛否両論があります。支持する人々は、広田氏の経験や実績、政策などを評価しています。

反対する人々は、広田氏の党派や姿勢、言動などを批判しています。以下に、両者の主な意見を示します。

支持する人々

広田一さんは、「地元愛が強くて実直な人」「防衛や災害対策などで豊富な経験を持っている人」

「コロナ対策や経済再生などで具体的な政策を持っている人」「徳島・高知の声を国会に届けることに熱心な人」などと評価されています。

反対する人々

広田一さんは、「党派が安定していなくて信頼できない人」「政権批判ばかりで建設的な提案がない人」

「選挙のたびに言葉や態度が変わる人」「徳島・高知の現状やニーズに疎い人」などと批判されています。

スポンサーリンク

まとめ

広田一氏は、元防衛大臣政務官の経験と信念を持つ無所属の参議院議員候補です。広田氏は、「全ての命を守る」ことを目標として、

コロナ対策や経済・雇用、安全保障などの政策を提案しています。広田氏は、

選挙戦を通じて、徳島・高知の多様な声を国政に届けることを目指しています。広田氏への評価は、賛否両論があります。

広田氏は、10月22日に投開票される参議院徳島・高知選挙区補欠選挙に挑んでいます。果たして、広田氏は、徳島・高知の有権者から支持を得られるでしょうか?

スポンサーリンク
error: Content is protected !!