スポーツ

ケルビンキプタムの死因は交通事故!トヨタの車でスピードの出しすぎでコントロール不可に?

ケルビン・キプタムさんは、男子マラソンの世界記録保持者でしたが

残念ながら2024年2月11日に交通事故で亡くなりました。

この記事で、ケルビン・キプタムさんの死因について紹介します。

ケルビン・キプタムのプロフィール

はじめに、ケルビン・キプタムさんの基本的な情報をご紹介します。

ケルビンキプタム
Kelvin Kiptum出典:https://olympics.com/ja/news/chicago-marathon-2023-results-kiptum-wows-smashing-new-world-record
  • 名前:ケルビン・キプタム
  • 本名:ケルビン・キプタム・チェルイヨット
  • 愛称:なし
  • 生年月日:1999年12月2日
  • 享年:24歳
  • 出身地:ケニア・リフトバレー州・チェプコリオ
  • 身長:180 cm
  • 体重:65 kg
  • 血液型:不明
  • 職業:陸上競技選手(長距離走・マラソン)
  • 活動期間:2019年 – 2024年

キプタムさんは、2023年10月のシカゴ・マラソンで

当時世界記録保持物のエリウド・キプチョゲ選手の記録を34秒更新する

2時間0分35秒の世界新記録を樹立しました。

今夏のパリ五輪でもメダル候補として期待されていました。

スポンサーリンク

ケルビン・キプタムの死因は交通事故

こちらで、ケルビン・キプタムさんの死因である交通事故について触れていきます。

【画像】ケルビンキプタムの交通事故後の車がやばい

2024年2月11日の夜にケルビン・キプタムさんは、自身が運転する車(車種はトヨタのプレミオ)で

ケニア西部のエルドレットとカプタガトを結ぶ高速道路でコントロールを失い、

道路をそれ60メートル離れた溝に突っこんで大木に衝突したとニュースで伝えています。

キプタムさんが運転するトヨタのプレミオは現地時間の午後11時ごろ、

制御できなくなって道路をそれ、60メートル離れた溝に突っ込んで大木に衝突した。

この事故でキプタムさんとハキジマナさんが死亡し、車内にいたもう1人は重傷を負った。

引用元:https://www.cnn.co.jp/showbiz/35215129.html

その時の事故後の車がこちらです。

ケルビンキプタム
Kelvin Kiptumの交通事故の車が大破引用元:https://twitter.com/hustler_kabwere/status/1756826942395797807
ケルビンキプタム
Kelvin Kiptumの交通事故の車が大破引用元:https://twitter.com/JohnboscoMueti/status/1756822826990887131

車の状態から、とても悲惨な事故というのが分かりますね。

この事故で、コーチであるガルベ・ハキジマナさんと運転者であるケルビン・キプタムさんが亡くなっています。

車内にいたもう一人が重傷を負って病院に搬送されました。

スポンサーリンク

ケルビンキプタムのスピードが出し過ぎで車がコントロール不可に?

こちらの事故では、高速道路を走っていたため

スピードの出しすぎで事故を起こしたのでは?という声もありました。

日本語訳

死亡事故の直前、車は「飛んで」いたはずだ。

エリウド・キプチョゲが事故を引き起こしたと言っている。

真実は、「スピードは命を奪う」ということです。

エルドレット・カプタガット道路でも他の場所でも!レジェンドのケルビン・キプタム、安らかに

正式な交通事故の原因についての発表はありません。

この情報はあくまでSNS上の声をまとめただけなのでご注意下さい

スポンサーリンク

【海外の反応】ケルビンキプタムの死を惜しむSNSの声まとめ

ガルベ・ハキジマナさんの死は日本では勿論ですが、海外でも悲しむ声が多く確認できました。

こちらで、一部ではございますが紹介します。

日本語訳

男子マラソン世界記録保持者のケルビン・キプタム氏が24歳で死去した。 私たちの思いは彼の友人や家族にあります

 

日本語訳

早すぎた真の伝説の死を深く悲しんでいる彼の愛する人、友人、

そしてケニアの人々に心からお悔やみを申し上げます。

彼らの魂が永遠の安らぎの中に安らぎますように。

 

日本語訳

信じられないです。私は彼からの2時間以内の連絡とパリでのキプチョゲとの直接対決を本当に待っていた。これは悲しいことだ。

スポンサーリンク

あとがき

この記事で、ケルビン・キプタムさんの死因について紹介しました。

2024年にはパリオリンピックで、また新記録がでるのでないかと期待した方たちも多くいたのに残念ですね。

ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!