MENU

諸沢莉乃の年収は3000万円超え?年商20億円規模の社長の役員報酬を予測してみた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

22歳の若さで、25店舗展開するフランチャイズ「スカイスクレバー」の新社長に抜擢された諸沢莉乃さん。

フリーターから社長になり、年収はどのくらいになるの?と気になる方は多いのではないでしょうか?

そこで、この記事で

諸沢莉乃の年収は3000万円超え?年商20億円規模の社長の役員報酬を予測してみた!!

というテーマで紹介していきます。

では、見ていきましょう!

目次

諸沢莉乃のプロフィールWiki

はじめに、諸沢莉乃さんの基本的な情報を紹介します。

ココイチ新社長の諸沢莉乃の顔画像

出典:https://sky-scraper.jp/interview/morosawa/

  • 名前:諸沢莉乃(もろさわ りの)
  • 年齢:22歳(2024年4月時点)
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 職業:coco壱番屋のFC店、『スカイスクレイパー』次期社長
スポンサーリンク

諸沢莉乃の年収は3000万円超え?

諸沢莉乃さんはスカイスクレイパーの社長に抜擢されましたが

スカイスクレイパーの年商は公開されていますが、業績については非公開。

残念ながら明確な諸沢さんの社長としての年収をハッキリとお伝えできませんが

他社のデータを基に、おおよその年収を割り出しましたので下記にて紹介します。

諸沢莉乃の年収が3000万円超えの理由

こちらで、諸沢さんの年収が3000万円を超える理由を紹介していきます。

①スカスクレイパーの年商が約20億円

諸沢さんが社長として就任する『スカイスクレイパー』ですが

直近の年商が約20億円という情報は公開されています。

ココイチ新社長の諸沢莉乃の年収調査

画像引用:https://sky-scraper.jp/about/

年商20億円の飲食業の社長の年収については、企業の利益率や経営方針、地域、業界の平均などによって大きく異なります。

飲食業の場合、年商と直接的な年収の関係は複雑で、年商が高いからといって必ずしも社長の年収が高いとは限りません。

利益率や経費、税金など多くの要因が影響しましので

年商から飲食業の社長への報酬を割り出すのが困難でした。

そこで、従業員数から他社のデータを基に、諸沢さんの年収を割り出しました。

スポンサーリンク

②従業員数が413名

ココイチ新社長の諸沢莉乃の年収調査

画像引用:https://sky-scraper.jp/about/

スカイスクレイパーの従業員数は413名(社員41名、アルバイトは372名)です。

他社の役員報酬の集計データを参考にしている資料は以下の通りです。

従業員数が413名の企業の場合、参照する国税庁の従業員数が300~999人の企業の社長の平均年収は4,410万円というデータがあり

中小企業の社長の平均年収は、規模によって異なりますが、300人未満の企業では平均で約3,295万円という報酬が平均値とされています。

引用元:https://gentosha-go.com/articles/-/44232

株式会社スカスクレイパーの事業は以下の通りです。

  • カレーハウスCoCo壱番屋:25店舗
  • ラーメン大戦争:2店舗

飲食業をメインに運営してる企業で、他社のデータと比べると飲食業は利益率が低い傾向にあります。

しかし、2つのブランドを合わせて27店舗も経営しているスカイスクレイパー。

その会社の社長となると、3000万円以上の年収となるのは、決して高すぎない金額ではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

この記事で、諸沢莉乃の年収は3000万円超え?年商20億円規模の社長の役員報酬を予測してみた!というテーマで紹介しました。

スカイスクレイパーは年齢に関係なく、能力で評価する現社長の方針が話題になっています。

新社長になる諸沢さんも、社長として抜擢されたのも能力が高いことが評価され就任。

年収についても、3000万円という報酬は22歳では破格では、、、と思う方も多いと思いますが

この記事で紹介した内容は、あくまで社長の経営方針と他社と比較した数値を紹介したものなので、情報の取り扱いには注意して下さい。

関連記事

諸沢莉乃の経歴まとめ!フリーターからココイチ社長になるシンデレラストーリーがあつい!

あわせて読みたい
諸沢莉乃の経歴まとめ!フリーターからココイチ社長になるシンデレラストーリーがあつい! 22歳の若さで、25店舗展開するフランチャイズ「スカイスクレバー」の新社長に抜擢された諸沢莉乃さん。 そんな彼女の経歴について気になる方は多いのではないでしょうか...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次